webflow

Wordpressはもう時代遅れ!Webflowで作る次世代HP制作

Webflowとは、HPを制作するためのノーコーディングプラットフォームです。

「ノーコーディング」とは、所謂エンジニアがHTMLやCSS・JSなどで実装をする作業自体が不要となり、

デザインを組んだものがそのままHPとして動くようなイメージです。

また、Webflowはサーバーもフルマネージドなので、レンタルサーバーを契約してWordpressをデプロイ(反映)するなどの作業も全て不要となり、

ドメインをWebflowに紐付けさえすれば、あとはWebflowでレイアウトを組めば側反映が可能となります。

当然、サーバーメンテナンスやWordpressのバージョン調整・プラグインのアップデート対応なども不要となるので、

保守運用もかなりのコスト削減が見込めます。

Webflowのメリット

実装の必要がなくかなり早く作れる

今まで、ワイヤーフレームを組み、デザインをあげて、エンジニアが実装する、といった工程があったかと思います。

これが、Webflowだとほぼ1工程で完結し、リリースすることが可能です。

SEOやSSLの対応が簡単

SEO対策のための設定や、各ページごとのメタデータの設定なども全て簡単に設定できます。

SSL対応はドメインを連携させるだけで完了です。

特にこちらで必要な作業などもなく本当にラクにできます。

モダンなテンプレートが豊富

その他の投稿